経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2021.03.25

あらためて「自由人の十戒」

英国人哲学者であるバートランド・ラッセル(Bertland Russell, 1872-1970)の「自由人の十戒(A Liberal Decalogue)」をたまに読み直して、自分の仕事や行動について反省することにしている。

「自由人の十戒」については、10年前のちょうど今頃にも当ブログで紹介したが、独立して15年、広報の仕事を始めて四半世紀になることもあり、この機会にあらためて読み返してみた。

(クォーテーションマークで括った部分が、ラッセルについて日本語で紹介する「バートランド・ラッセルのポータルサイト」からの引用です。>のあとに書いてあるのは当方の独り言であります)

” 一、何事も絶対確実だと思い込んではいけない。〔この世に絶対確実なことなどありえないからだ。〕”

> 広報の武器は情報です。その情報の確実性を高めるためにさらに多くの情報を集める。100%確実なものなどないという考えに拠って立ち、情報収集の手を緩めないことが、質の高い情報発信につながります。

” 二、何事も証拠を隠してまでして、物事をはこぶ価値があると考えてはいけない。なぜなら、そういった証拠は必ず明るみに出るものだからだ。”

> 危機管理における真理です。

” 三、成功を確信しても、考え続けることを決してやめてはいけない。”

> 広報が思考停止してしまったら、それは企業や組織の犬になることを意味します。優秀な広報は、仮に何かのプロジェクトの広報活動が一時的に成功したとしても、その成功に浸る間もなく次の一手を考えていることでしょう。社会とのコミュニケーションには切れ目がないのです。

” 四、反対意見には、家族の反対でも、議論で説得し、権威で勝とうとしてはいけない。権威を使っての勝利は、真の勝利ではなく、単なる幻にすぎないからである。”

> 広報を取り巻く環境には対外的にも社内的にもいろんな力関係があるわけですが、あくまでもコミュニケーションによって物事を前に進めていくのが広報だと考えます。

” 五、他人の権威を尊重するには及ばない。なぜなら、それが尊敬に値しない権威であると露見するのが普通だからである。”

> 権威に弱い人間は広報に向かないと思います。経営陣という社内権力と第四権力といわれるマスメディアとの狭間で行う仕事だから、権威に媚びる性格だと仕事になりません。

” 六、有害と思う意見を力で抑圧してはいけない。なぜなら、もし力で抑えれば、それらの意見は(将来)同じようにあなたを抑圧するようになるからである。”

> とにかく広報はコミュニケーションで問題解決する仕事です。たとえば、自社にとって有害だと思われる報道があったとして、何らかの力を使ってつぶしたとしても、その場しのぎにしかなりません。あくまでも情報とコミュニケーションで失地回復を図るしか道はありません。

” 七、自分の意見が並外れたものであっても恐れてはならない。なぜなら、現在当り前と思われている意見はいずれも当初は並外れていたからである。”

> ここでいう「並外れた」とまでいかなくても、常識を疑うという姿勢は常に持っていたいものです。

” 八、嫌々ながら賛成するよりも、良く分別を働かせて異議を唱える方が良い。なぜなら、もしあなたがあるがままに知性に価値を認めるならば、前者よりも後者の方がより深い同意を意味するからである。”

> たとえば不祥事が起きた時など、組織のあからさまな防衛姿勢に対して広報が異議を唱えなければならない場面がでてくるでしょう。

” 九、たとえ真実が不都合なものであったとしても、どこまでも良心的に真実に忠実であるべきである。なぜなら、もしあなたが本当のことをかくそうとすると、もっと都合が悪いことになるからである。”

> これも危機管理の真理です。それでも不祥事の際に、事実をきちんと公開しないとか、トップが記者会見に出てこないとか、ウソをつくとか、そうした初歩的なことでダメージを深くしてしまう事例があとを絶たないのはなぜなのでしょうか。

” 十、愚者の楽園に暮らす人々の幸福を羨ましがってはいけない。それを幸せだと考えるのは愚か者だけだからである。”

> 広報は組織の本質がわかるポジションですので、組織が愚者の楽園だとわかったらさっさと退散しましょう。残念ながら愚者の楽園だけは、コミュニケーションの力では変えようがありません。

YT

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

ブログ

あらためて「自由人の十戒」

英国人哲学者であるバートランド・ラッセル(Bertland Russell, 1872-1970)の「自由人の十戒(A Liberal Decalogue)」をたまに読み直して、自分の仕事や行動について反省することにしている。 …続きを読む »

ブログ

ちょっとした収穫

4月からリモートワークが続いている。といっても数年前から特定のオフィスを持たず、シェアオフィスと自宅の半々で仕事をしてきたので、仕事環境としてはそれほどストレスを感じることなく2カ月が過ぎた。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@2019秋

宣伝会議のメディアリレーション関連の講師の仕事をお引き受けして丸7年。

今年秋の講義予定は以下のとおりです。がんばります。 …続きを読む »

お知らせ

体験講座に登壇します

大阪で開催される体験講座に登壇します。テーマは「広報担当者のためのメディアリレーション基礎&組織における広報の重要性」です。 …続きを読む »

ブログ

沈着冷静 先手必勝

経済誌のオンライン編集長がセミナーでお話しされるというので、八重洲まで出かける。今にも降り出しそうな9月某日。広報の仕事に携わる者は、メディア、報道への興味を決してなくしてはならぬ。氏には米系コンピューターメーカーで広報の仕事をしている時にお世話になった。 …続きを読む »

サービス

複眼のユーザー事例コンテンツ作成

ユーザー事例のコンテンツ作成を本格的に開始しました。当社の事例作成のプロセスと特徴は以下の通りです。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

ブログ

次につなげる

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

ブログ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

お知らせ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約