経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2015.05.30

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。

全640ページの原作の「厚み」には及ばない感じがしたが、主人公の広報官・三上を演じるピエール瀧が捜査指揮車に乗り込み、記者会見場の広報室員に事件の経過情報を送るシーンは、映像ならではの迫力で緊迫感が伝わってきた。

夜を徹した記者会見のシーンは、見ていて本当に悔しかった。捜査の責任者ではない二課長を会見者として出さざるを得ず、記者から突き上げられる。記者からの質問に答えられない二課長が答えを求めてあたふたと捜査本部と会見場を往復する。広報官は二課長と一緒に走り、広報室員はなすすべもなく会見場で立ち尽くしている。

最後には三上が捜査責任者の一課長を口説き落として自らが捜査指揮車に同乗するという荒わざに出るのだが、その前にもできることはあったはずだ。誘拐事件は情報の出し方が格別難しいことはわかるが、たとえ事前に十分な情報が得られなかったとしても、記者の質問を想定することは十分可能である。毎日記者クラブと対峙している広報なら、記者が知りたいことは想像がつく。その上で出せる情報と出せない情報を区別すればいい。時の流れにただ身をまかせるのではなく、会見中であってもやれることがあるはずだ。もっとジタバタしていいのではないのか。

事件の記者会見の経験などないくせに、ちょっと熱くなってしまった。ドラマでは、ひ弱なキャリアの二課長が走りに走ってぶっ倒れるというのが、映像として求められたのかもしれない。いずれにせよ、準備・信頼関係・想像力のどれか、または全部が欠如するとメディア対応はまったくもってうまくいかない、という基本的なことがこのシーンからわかる。

この小説の好きなセリフに、広報室員の美雲が「戦略なしにマスコミ対応ができるとは思いませんが、本当に窓を開こうとするなら、必要以上に戦略を仕掛けないことが最良の戦略のような気がしてなりません」というのがある。三上が県警の広報の役割を窓にたとえたことを受けてのセリフだ。ドラマでも原作に忠実に再現されていてうれしかった。

それにしても、戦略ってなんだろう。このあいだBSジャパンの「あの年この歌」という番組で、THE ALFEEの高見沢俊彦がこんなことをおもしろおかしく話していた。まだバンドが売れる前の1970年代終わり頃に「冬将軍」という曲を作った。曲のイメージから北海道を中心に売り出そうとして戦略をたてた。当時は有線放送が全盛の時代で、札幌を中心に有線向けのキャンペーンを展開したけど、その冬は暖冬だった。冬将軍なんか待てど暮せど来ない。

戦略なんて、こんなものではないのか。しょせん、何かをコントロールしようとしても不可抗力でおじゃんになるときもある。特に広報の仕事は、計画を綿密に立てて発表しても、突然出てきた別の大きなニュースに呑み込まれてしまうこともある。

広報は、結局は愚直にあたりまえのことをあたりまえにするしかないのではないか。企業や組織の等身大の姿を世間に見てもらって信用してもらうことである。広報に戦略という言葉を使うと、身の丈以上によく見せたいという虚栄心が見え隠れているように思えてならない。

そういいながら、わたしもうっかり広報戦略などと口走ってしまうことがあるが、その後かならず自己嫌悪に陥る。よしんば広報に戦略があったとしても、それを戦略に見せないのが広報の品性だと思う。そもそも広報に戦略が必要なのかどうなのか、この仕事に20年近く取り組んでいるが、正直に言うとわたしにはわからない。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

サービス

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約