経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2013.05.24

「参加の時代」

わたしが今、パブリックリレーションズの仕事に携わっていられるのは、かつてアメリカはシリコンバレーの代表企業であったSun Microsystemsのおかげである。17年ほど前に縁あって日本法人に入社した。Sunは節目節目で先見性に富んだメッセージを繰り出し、感度の高い顧客やメディアの共感を大きな駆動力にして前に進んでいく企業であった。

Sunは創業間もない1984年頃から「The Network Is The Computer(ネットワークこそがコンピュータである)」という、今ならなるほどそうだと思えるけれど当時は並外れていたであろう、類まれなる社是を掲げて事業を進めた。アメリカでも商用インターネットが始まっていない時代である。Sunの創業者たちは具眼の士であった。

1984年といえば、カール・ルイスが活躍したロサンゼルス・オリンピックの年であり、グリコ・森永事件が発生し、自動車のCMでエリマキトカゲがブームになり、菊池桃子がデビューして、広島が阪急を破って日本一になった年である。アップルが初代マッキントッシュを発売した年であり、パソコンはまだ一部のマニアのための高価な機械だった。

その後、Javaというネットワーク技術を発明した1995年頃から打ち出したのが、「Anyone, Anytime, Anywhere on Any device(だれでも、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも)」である。これも今のネット環境ではあたりまえになってきたけれど、当時はちょっと前にNCSA Mosaic、そしてNetscape Navigatorという閲覧ソフトがリリースされたばかりで、IT関係者にインターネットが認知され始めたころである。

1995年といえば、阪神大震災の年であり、野茂投手がロサンゼルス・ドジャースに入団し、スーパーモンキーズの安室奈美恵がソロデビューし(というかダウンタウンの浜ちゃんまで小室ファミリーとしてヒットを飛ばし)、オリックスが阪急時代の1984年以来となるパリーグ優勝を果たしたが日本シリーズではヤクルトが勝って日本一になった年である。当時所属していたコンピュータ業界の巨象IBMでも、まだインターネットのメールアドレスを記した名刺を持っている社員はほとんどいなかった。

Java誕生から10年が経過した2005年、Sunは「Participation Age(参加の時代)」と言い出した。このメッセージは、狭義においてはオープンソースの普及をふまえて主にJava開発者のコミュニティに対して発信されたものだったが、広義においては社会全体の新しいうねりや変化をも見据えたものだった。それは当時SunのCOOだったジョナサン・シュワルツの発言からも見てとれる。

「特定の供給者がコンテンツを提供して利益を得る『情報の時代(Information Age)』は終わった。これからは、あらゆる人々が情報を発信して経済活動にかかわる『参加の時代(Participation Age)』だ」
(日経BP社 ITpro 2005年7月29日付け記事 http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/NBY/ITARTICLE/20050726/165297/ より引用)

2005年といえば、フェイスブックもツイッターも一般サービスが開始される前の年である。当時僕は、特に耳の早いネットメディアの記者から、これから注目のサービスとしてフェイスブックとツイッターの話を聞いたのだけれど、どんなサービスなのかさっぱりイメージがわかなかった。興味津々でメモしたのだが、そこには「フェースブック?」「トゥイッター?」と書いてある。

そして現在。果たして「参加の時代」は到来した。卑近な例だけど、高校1年生になるわたしの長女は、大好きなアーティストのきゃりーちゃんやSEKAI NO OWARIとLINEでつながって、彼らの活動に「参加」している。ライブやテレビ出演の情報はそれらのアーティストから直接得て、ライブに参加したりテレビを観た感想や感激や情報そのものをLINEやブログで自由に発信し友達と共有している。それはアーティストからファンへ、ファンからアーティストへの単なる一方通行の積み重ねではなく、そばで見ているとなにか一体となって動いている感じだ。わたしの高校時代、菊池桃子はまさに偶像でしかなかった。

企業や組織のマーケティング活動においては、顧客やパートナーを含めたコミュニティというものを、これまで以上に意識しなければならなくなった。今は消費者が企業ではなく他の消費者を信頼する時代といわれているわけであって、ネット上の膨大な消費者の発信はマーケティング活動の生命線である。消費者にどうやったら企業活動に「参加」してもらえるかをみんな必死で考えている。消費者のほうも、スマートフォンやタブレットPCの普及もあって、ネットでなにかに「参加」することへのハードルが極端に低くなった。いつの間にか企業のマーケティング活動に「参加」させられていることもある。いずれにしても、企業にとってお客さんが重要なマーケターという位置づけになった。これは、パブリック・リレーションズやマーケティングに取り組むわたしたちが、いま必ず意識しなければならないことである。

とかなんとか考えていて、「参加の時代」の次にはなにがくるんだろうと思いをめぐらしていたら、電車を乗り過ごしそうになってしまいました。

よい週末を!

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

お知らせ

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

ブログ

情報は循環してなんぼ

菓子メーカーのカルビーでは、「社内コミュニケーションで一貫したメッセージを醸成し、対外広報で発信し、それがまた社内に返ってくる」という情報の流れを常に意識して広報活動を行っているといいます。先日出席した宣伝会議主催の「アドタイデイズ」のセッションで聞きました。ともすれば外に向かって大声を出すことばかりに気を取られがちな企業の広報活動において、今一度立ち返ってみるべき基本姿勢だと思います。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約