経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2013.02.27

リアリティについてあれこれ

昭和30年前後の邦画ばかり観ている。これまでも、当時の東京の風景や風俗のリアリティを感じたいと思って、小津安二郎監督の映画を熱心に観たことがあったのだけれど、川島雄三監督の「洲崎パラダイス、赤信号(1956年)」という、今の東陽町あたりにあった遊郭の入口で展開される、ずるずるべったりの堕ちてゆく男女の話を描いた名作を年初に観て火がついてしまった。

今月に入って、成瀬巳喜男監督の「めし(1951年)」、「稲妻(1952年)」、「浮雲(1955年)」、「流れる(1956年)」、「嫁・妻・母(1960年)」を鑑賞する。林芙美子や幸田文など女性作家の原作が多いこともあるけれど、どの作品もしっかり女とたよりない男という徹底ぶりがおもしろい。日本は1950年代半ばから高度成長期に入ったといわれているけれど、これらの映画を見ていると、この時代はいまだ戦後を引きずって、仕事がない、不景気、であることがわかる。そうはいいながら、なにかといえばよく酒をのむ(朝からでも昼からでものむ)。男は職がないか商売がうまくいっていないのに、陽気であり、野放図であり、泰然としている。このあたりは、これからのサバイバル時代に向けて、参考にしたい(している?)ところである。

たしかに昭和30年代の風景をCGを駆使して再現した「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズも楽しめた。でも、当時撮影された本物には到底かなわない。たとえば「稲妻」では、主人公の高峰秀子がバスガイドの役で、バスの中から映した当時の東京の生きた風景が鑑賞できる。わたしは昭和42年生まれなので、昭和30年代の風景を実際に見たことがない。だから余計にリアルな映像に引き込まれてしまう。

リアルな映像といえば、NHKと米ABCによる共同制作ドキュメンタリー「映像の世紀」が圧巻だ。世界30ヶ国以上、約200ヶ所のアーカイブから集めた記録映像で構成した番組で、1995年から96年にかけて全11回放送されたものである。歴史上の大事件のほか、当時の日常社会や風俗も迫真の映像を通して紹介されている。リアリティという意味では、その迫力や臨場感は映画の比ではない。すべて本当の出来事なのだから。いっしょに見ようよと誘っても徹底的に無視を決め込んでiPodできゃりーちゃんの映像を熱心に見ていたわたしの子どもたちも、ヒトラーの狂気めいた演説が流れると驚いたようにテレビに顔を向けた。教科書に書かれた平板で退屈な現代史に触れる前に、この800分強の映像を見たほうがよっぽど興味が持てるのではないかと思う。

話はかわって、ドラえもんの第14巻に、のび太くんが「遠写かがみ」という道具をつかって広告ビジネスをはじめる話がある。遠写かがみに写った画面が他のかがみに写し出されるしかけになっていて、町中のかがみにCMを流そうというのである。味はしっかりしているけど店の古めかしさゆえに閑古鳥が鳴いている気の毒な和菓子屋さんのCMを受注し、店の名まえを連呼したり、うまい・安い・大きいといった宣伝文句を並べたりして、近所のかがみというかがみにCMを流すのだが、これが反感を買って逆に評判が悪くなってしまう。やさしい店の主人は、泣いて謝るのび太くんとドラえもんに店のどらやきやだんごをごちそうする。二人がうまそうにパクパク食べているシーンが、スイッチを切り忘れていた遠写かがみに写っていて、それを見た町中の人が店に殺到する。というお話である。

町の人々は、勝手に自分の家のかがみにCMを流されたうえ、一方的な押しつけがましい宣伝文句を聞かされて嫌悪感をもった。しかし、リアリティにあふれたその映像は、人の心を動かし、リアルな伝達が行なわれた。そして、実際の購買行動を誘発する結果となったのである。

先週21日に放送されたNHKのEテレ「仕事学のすすめ」は、ジャパネットたかたの高田社長がゲストだった。ジャパネットたかたの通販番組はすべて生放送で、社長のセリフは台本なし、本番直前までわかりやすさを追求し、自分の言葉で自分の思いを伝える。電子辞書を紹介したときは、同じ量の内容が本の辞書ならどれくらいの物量になるか、実際に辞書を用意してどんどん積み上げてみせて、その積み上げた辞書が崩れ落ちるハプニングがおきる。しかし、辞書が床に落ちた瞬間に電話がじゃんじゃん鳴り始め、30分番組で数千台が売れたという。高田社長は、これが「リアルさが伝わるということ」と言い切った。

明日午後11時から放送される「仕事学のすすめ」は高田社長の2回目で、「どうする?不祥事とクレーム」である。リアリティを徹底して大事にする社長が危機にどう対処したのか。広報・PRの仕事に携わるわたしたちにとって、とても楽しみなテーマです。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

サービス

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約