経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2012.11.21

メディアに興味をもつ

頼まれ仕事があって、ここのところ企業のメディアとの付き合い方のようなことに昼夜を通して考えをめぐらしているのだけれど、メディアと関係を構築したいと思うならメディアに関心を持ち続けることなんだ、との思いを強くした。ふつう、好きな人がいたら相手のことを知りたいと思いますよね。

でも、いろいろ話を聞いていると、企業の広報が必ずしもメディアを知ろうとしていないと感じることがある。

広報で失敗するのは、だいたいが企業の都合のみで動いてしまったときである。そもそも企業の都合で記者発表会を開いているのに質問を受けずにさっさと社長が退席してしまうとか、企業の都合で取材してもらったのにXX新聞に記事が載るまで書かないでくださいとか。(信じられませんが、実際に聞いた話です)

こういう話を聞くと、この会社はメディアを自分の仕事の道具としか思ってないな、ということは記者や編集者がどんな立場で仕事をしているのか興味ないんだな、そもそもメディアそのものにも関心がないんだろうな、と悲しくなってしまう。

わたしも駆け出しの頃、メディアの立場と企業の立場を考量する技量 (あるいは器量といったほうがいいかもしれない) が欠けていて、少なからず失敗した。でも、仕事の大事な相手として、そしてメディア産業そのものにも興味があり、メディアのことを知りたいという気持ちを失うことはなかった。だから、それを失敗と認めることができ、次に生かすことができた(と思う)。

マスメディアに興味のない人に広報はつとまらない。というか、やってもたぶんつまんないんじゃないか。

というわけで、わたしも広報のハシクレとしてメディアというものにとても関心があるので、昨日の夜、BLOGOSと日本財団が主催の「外国特派員から見た日本のメディア」というトークセッションを聴きに行った。当研究所もBLOGOSに参加してるんです。

ゲストは、ニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏とAP通信社特派員の影山優理氏である。今年出版されたファクラーさんの「「本当のこと」を伝えない日本の新聞」(左の写真)は興味深く読んだので、普段は飲酒のためにしか夜出かけたことがないくせに、昨夜は一念発起して溜池にある日本財団ビルまでとことこ出かけた。(セッションの様子は日本財団のブログで紹介されています)

1時間半におよんだセッションで、日米の報道の違いからジャーナリズムの今後までいろんな話が飛び出したが、わたし個人としてもっとも興味深かったのが、ダイバーシティーについてである。日本語では多様性と訳されることが多い。

ちょうど日本でも、週刊朝日の橋下大阪市長に関する連載騒動の顛末があったばかり。AP通信の影山さんによると、アメリカの報道機関は「差別はしないが絶対」で、たとえば車椅子に乗っているとか、中国人のとか、アフリカ系のとか、あるいは男か女か、そして年齢にしても、ニュースの内容と直接関係ない個人の属性は書いてはならないという、厳重なガイドラインがあるそうだ。AP通信には、ひたすら言葉遣いのチェックをするStandard Editorという役割があると知った。

ファクラーさんは、アメリカのダイバーシティーにおける転機は第2次世界大戦だった、と分析してみせた。つまり、ユダヤ人差別のナチスドイツを敵としながら、自らは黒人部隊や日系人部隊を編成するという矛盾を抱えたことがアメリカには大きかったんだと。そのあまりにも明確な矛盾が、後の公民権運動後のアメリカにつながっていったという考え方があることを知った。

そういえば、米国系企業の日本法人で広報をしているとき、米国本社から社長が送り込まれてきたときがあった。報道発表のために新社長の略歴を準備する。日本の慣習に合わせると、生年月日から始まり、出身校と卒業年、新卒で何年にどこに勤めたのか、その後いつどんな役職についたのかを時系列であらわすことになる。アメリカの企業の略歴は、行ってきた仕事の成果が書いてあるだけで、生年月日や年齢や入社年が書いてあるものはほとんどない。日本の記者が求めるからと言って、なんとか日本スタイルの略歴を用意した。

しかし、生年月日と年齢に関しては、最後まで腑に落ちなかった様子だった。新社長は当時まだ40を越えたばかりの若さだったので、来日してメディアのインタビューで年齢のことを必ず聞かれる。そのたびに、年齢は特に気にしたことがない、若いか年を取っているかは仕事に直接関係ない、なんで日本人は年齢のことにそんなに関心があるんだい、と不思議そうな顔をしていたことを思い出す。

話はそれましたが、とにもかくにも、広報の仕事をしているのなら、もっとメディアについて興味を持ちましょうよ!

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

お知らせ

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

ブログ

情報は循環してなんぼ

菓子メーカーのカルビーでは、「社内コミュニケーションで一貫したメッセージを醸成し、対外広報で発信し、それがまた社内に返ってくる」という情報の流れを常に意識して広報活動を行っているといいます。先日出席した宣伝会議主催の「アドタイデイズ」のセッションで聞きました。ともすれば外に向かって大声を出すことばかりに気を取られがちな企業の広報活動において、今一度立ち返ってみるべき基本姿勢だと思います。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約