経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ

横濱の思ひ出

先週は横浜週間だった。火水金と3日、自主的な打ち合わせ、お客様とミーティング、そして金曜の夜はPR関係者との交流会で中華街を訪れる。今が旬の上海蟹で紹興酒を楽しんだ。

以前のエントリー「広報間コミュニケーションのススメ」でも書いたけれど、一部大手企業以外は広報は一人となりがちな現実において、横の交流は自分の仕事の質を高めるためにも有効だ …続きを読む »

ブログ

オフレコは封印しませんか

オフレコという言葉は、メディアや広報の仕事をしている人でなくてもよく知られている言葉である。一般にも「それオフレコね」などと秘密とか他言無用と同じ意味で使われる場合がある。

もともとは報道用語のオフ・ザ・レコード(off the record)の略で、日本新聞協会では …続きを読む »

ブログ

広報の苦悩を小さくする方法!?

ちょっと前にNHKで「落語でブッダ」をみました。出演者は宗教学者で住職の釈徹宗と上方落語家の笑福亭たま。落語を通して仏教の教えを紹介する番組です。

落語は好きといえば好きだけど何回か新宿の末廣亭に行ったくらいだし、ブッダはもっぱら手塚治虫のマンガ。落語と仏教のコラボなんておもしろいなあと思っていたら …続きを読む »

ブログ

広報に求められるレスポンスには2つの意味がある

広報の仕事で大きな柱となるのが俗にいうメディアリレーション。自らが簡単にメディアを持てる時代になったけれど、依然としてマスメディアを通じた情報発信は企業にとっての重要課題だ …続きを読む »

ブログ

記事を書く側と書いてほしい側の意識ギャップ

先日、お客様の役員向け広報レクチャーを行う機会があった。役員全員が会社の情報取り扱い上級責任者であり、特にマスメディアを通じた情報発信についての知識は不可欠、という社長の強い意識のもとで開かれた。やっぱり、企業の広報活動はトップの理解が大きな推進力になります …続きを読む »

ブログ

「一作一面貌」

昨日、東京・上野の東京国立博物館で開催中の「青山杉雨の眼と書」に行ってきました。上野駅の公園口を出ると、強烈な暑さにもかかわらずたくさんの人でにぎわっていました。ちょうど、ベルリン国立美術館展やマウリッツハイス美術館展などの人気展覧会もやっています …続きを読む »

ブログ

方言、コミュニケーション、レオマの看板

生まれてから今までいろんなところに住んだ。ざっと並べるとこうなる …続きを読む »

ブログ

誤送信に気をつけましょう

新聞記者が取材メモを誤って別の報道機関にメールで送ってしまうという問題が起きた。上司や同僚に送ろうとして、記者クラブ加盟の新聞、テレビ、通信社に一斉送信してしまったということなので、メーラーの宛先欄に上司の名前を入力しはじめたらいくつか候補が出てきて、うっかり一段まちがえたらメーリングリストだったということのか、どうなのか …続きを読む »

ブログ

名前を付けて保存、上書き保存

ロンドンオリンピックも残すところあと少しになりました。それにしても今回のオリンピックは、日本女性が躍動しています。サッカーやバレーボールなどの団体競技も、柔道や水泳などの個人競技も、世界のトップ争いをする姿に毎日心を奪われます …続きを読む »

ブログ

さっそく「空飛ぶ広報室」を読んだ

なにか打ち込んでいるものがあると、それに関連したものが日常生活のあらゆるところで目に入ってきやすくなるものです。仕事でも趣味でも。

わたくしごとでいうと、サン・マイクロシステムズ日本法人に勤務していたときは、「サン」という2文字にいちいち反応する身体になっていた。たとえ ば、自宅で新聞を読んでいるとき …続きを読む »

ブログ

Mo-So draft of press release

かつて、既製コンピューターソフトの再販会社から自社で製品を開発するソフトウェア会社への転身を図ろうとする国内企業の広報コンサルティングを手がけたことがある。わたくしも独立したての頃であったし、ひとつの企業が意志ををもって変化しようとしているときに仕事をさせてもらって、とてもイクサイティングであった …続きを読む »

ブログ

プレスリリースには「文脈」が必要です

企業や団体がニュースの素材資料として報道機関に配布するプレスリリースは、簡潔かつ明解を旨とする文書でなければなりません。「いつもどこがニュースかわからない、冗長かつ論旨のはっきりしないリリースを送ってくる企業のものは、タイトルも見ずにごみ箱行きさ」という辛辣な話もよく聞くくらいですから、一回一回全力投球です …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約