経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワンコミュニケー ションズ

ブログ
2020.06.08

ちょっとした収穫

4月からリモートワークが続いている。といっても数年前から特定のオフィスを持たず、シェアオフィスと自宅の半々で仕事をしてきたので、仕事環境としてはそれほどストレスを感じることなく2カ月が過ぎた。オンライン会議にも最初は少なからず抵抗があったが、今では、そこに映る重力に逆らえなくなった我が面貌を見ることを除き、大方慣れてきた。

以前と変わったといえば、ラジオをよく聴くようになったことである。本を読んで映画を観て、あれしてこれして、それにラジオが加わるとけっこう時間が足りない。毎週欠かさず聴く番組は10くらいだが、そうした番組もパーソナリティーの自宅からオンライン放送することが多くなった。吉田拓郎や坂崎幸之助や桑田佳祐が自宅で生ギターを弾いたり、村上春樹が自宅のターンテーブルで自前のレコードをかけたりする。こういう状況になっていなければ生まれなかったグレイトな価値。

聴くのはほとんどが音楽番組なのだが、NHKで毎週金曜に放送される「高橋源一郎の飛ぶ教室」も初回から熱心に聴いている。前半で今おすすめの本を朗読・解説し、後半でゲストとその本のことや今起きていることを語り合う、という1時間番組である。

ある放送で、イタリアの作家のパオロ・ジョルダーノの「コロナの時代の僕ら」が紹介されて、僕も早速読んだ。放送でも引用されていたが、それだけで十分に読み応えのある一編のエッセイになっている長いあとがきに、「今からもう、よく考えておくべきだ。いったい何に元どおりになってほしくないのかを」とある。「コロナは我々の文明をレントゲンにかけている」のだと。僕も今、これからの生活や仕事のやり方も含め、そのことについて考え続けている。

この番組もご多分に漏れずあるときから、高橋源一郎の鎌倉の自宅からオンライン放送されるようになった。源一郎さんは「不安もあるけど、何事も新しいことをやるのはワクワクするね」と言った。ちょうどそのとき僕は、引き受けている広報関連の講座がオンライン講義に切り替えられるタイミングで、初めてのことに一抹の不安を抱えていた。PCに向かって2時間も話すことができるのだろうかと。だからその言葉を聞いて、そうか、僕も未知の体験を楽しめばいいんだ、と気が楽になった。オンラインになってからの番組では少なからずトラブルがあったが、源一郎さんはそれをも受け入れて変化を楽しんでいるように思えた。

さて、いざオンライン講義をやってみると、案外楽しい。なんか不思議と通常の講義よりもうまく話せたような感じもした。話そうと思っていたことをあまり取りこぼさずに落ち着いて話せたというか。質問もたくさんあって双方向性も十分享受できたような気がする。いつもは受講者の方々を前にして多少興奮気味になっているのか、用意した話を無視してその時思いついた話をしてしまう傾向がある。それはそれでいい時もあるけれど、やっぱり計画通りに物事が進むのは気持ちがいい。

なんでも先入観なく自分なりにやってみればいいということをあらためて実感できたのは、この不自由な環境下におけるちょっとした収穫でした。

YT

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワンコミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

お知らせ

20年を目指します

当社は今年度、おかげさまで17期目を迎えることができました。 …続きを読む »

会社情報

会社概要

オフィスの住所が変わりました。

会社名

株式会社プラスワンコミュニケーションズ
PlusOne Communications, Inc

事業内容

広報コンサルティング事業およびコミュニケーション活動支援事業

設立

2006年5月 …続きを読む »

ブログ

奴雁の役割

福沢諭吉は、イギリス型議会政治の実現に向けて立憲改進党を結成したばかりの大隈重信に政治家への転身を促されたが、在野の言論人をつらぬいた。このような決断のバックボーンには、福澤の「学者は国の奴雁なり」という考え方があるということを知った。 …続きを読む »

ブログ

「地方紙は死ねない」

NHKのドキュメンタリー番組でおもしろそうなものはかたっぱしから録画するのだが、ついついたまってしまう。別に時間がないわけではないのに、その時には絶対見なきゃと思っていたもの、例えば盛夏に放送される戦争関連のドキュメント、などは放っておくとタイミングを逸してハードディスクに置きっぱなしになる。 …続きを読む »

お知らせ

設立15周年を迎えてました

うっかりしていましたが、当社は今年5月で設立15周年を迎えました。

2006年と言えばふた昔前の00年代。平成の18年。ぼくの世代が懐かしむといえば昭和ですが、 …続きを読む »

ブログ

あらためて「自由人の十戒」

英国人哲学者であるバートランド・ラッセル(Bertland Russell, 1872-1970)の「自由人の十戒(A Liberal Decalogue)」をたまに読み直して、自分の仕事や行動について反省することにしている。 …続きを読む »

ブログ

ちょっとした収穫

4月からリモートワークが続いている。といっても数年前から特定のオフィスを持たず、シェアオフィスと自宅の半々で仕事をしてきたので、仕事環境としてはそれほどストレスを感じることなく2カ月が過ぎた。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@2019秋

宣伝会議のメディアリレーション関連の講師の仕事をお引き受けして丸7年。

今年秋の講義予定は以下のとおりです。がんばります。 …続きを読む »

お知らせ

体験講座に登壇します

大阪で開催される体験講座に登壇します。テーマは「広報担当者のためのメディアリレーション基礎&組織における広報の重要性」です。 …続きを読む »

ブログ

沈着冷静 先手必勝

経済誌のオンライン編集長がセミナーでお話しされるというので、八重洲まで出かける。今にも降り出しそうな9月某日。広報の仕事に携わる者は、メディア、報道への興味を決してなくしてはならぬ。氏には米系コンピューターメーカーで広報の仕事をしている時にお世話になった。 …続きを読む »

サービス

複眼のユーザー事例コンテンツ作成

ユーザー事例のコンテンツ作成を本格的に開始しました。当社の事例作成のプロセスと特徴は以下の通りです。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約