経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2014.10.30

視覚効果のこと

先日NHK BS1で放送された「1964から2020へ オリンピックをデザインした男たち」を観ました。前回の東京オリンピックのデザインプロジェクトがはじまったのは、戦後15年の1960年。日本のデザイナー80名が結集、若手時代の田中一光や横尾忠則も参加しています。

東京オリンピックに関係するデザインの白眉は、なんといってもシンボルマークです。丸と五輪と文字だけのシンプルな図案を赤と金で表現したデザインです。オリンピックの大会固有のシンボルマークを作ったのはこのときが世界で初めてで、以後各大会でシンボルマークが作られるようになったということを初めて知りました。ニッポンが世界の先駆けだったんですね。すばらしい。

このマークを作った亀倉雄策は、豊臣秀吉の陣羽織の赤と金のデザインにヒントを得て力強さを強調した図案を生み出したのですが、これでは飽き足らず、さらに一歩先の力強さを追求するためにとった工夫がすごい。それは余白の大胆なまでの削除です。天地左右の余白を常識的な範囲を超えるギリギリのところまで削りとって、「これ以上落とすものがない、必要なものだけでできあがっている」デザインを完成させました。

黒バックでみるとよくわかるので、以下、日本オリンピック委員会のサイトにリンクします。デザインの力、ビジュアルの力をあらためて感じます。

http://www.joc.or.jp/memorial/images/20080508/img01.jpg

デザインといえば広報の仕事にも無縁ではありません。広告とちがって広報の仕事では、クールなグラフィックデザインや斬新なアートデザインを自ら生み出さなければならない機会はないかもしれません。しかし、ビジュアルを意識すべきときはたくさんあります。

たとえば、メディア向けの説明資料や発表会でのプレゼン資料などでは、ビジュアルが説得力に大きな影響を与えます。話の聞き手が理解しやすいデザインという意味です。ぼくはプレゼンソフトを使った図表中心の資料作成が大の苦手で、どうしても文字中心の資料になってしまうのですが、それでも相手に気持ちよく資料を見てもらえるように、文字の大きさ、量、配置、余白の4つの要素には細心の注意を払います。

図や表以外の文字の部分がほとんどを占めるプレスリリースも、文章の内容とともに見た目もチェックしています。プレスリリースの草稿をプリントアウトして眺める。全体の黒と白のバランスをみるのです。

なんとなく黒っぽいときは、漢字が多くなっていないか確認する。パソコンのワープロソフトを使った文章作成は、かな漢字変換の機能によって漢字が多くなる傾向があります。また、漢字が多いということは漢語が多いということであり、一般に漢語が多いと読み手の理解が遅くなるといわれています。このことを、井上ひさしは「日本語教室」(新潮新書、2011年)の中で、「漢字倒れ」と呼んでいました。

反対にひらがなが多すぎるのも読みにくい。日本語には、英語や韓国語のような分かち書きの習慣がありません。ひらがな言葉が続いてしまう場合は、後にくる言葉を漢字にする、あるいは句点を入れるなどの工夫をしてみます。

この黒白チェックは、社内向けの企画書や顧客への報告書などの一般的なビジネス文書にも使えると思います。ビジネス文書は、読んでくれる人あっての文書なのだから、文書の内容と同じように見た目にも気をつかって、最後まで読みやすさを追求したいものであります。

ちょっとした視覚効果が、人間の感覚に少なからず影響を与えることは、日常生活でもあります。

俗にいう暗がりの煙草。真っ暗闇で煙草を喫っても、ちっともウマくない。なぜなら、喫煙というのは煙を吸い込んで吐き出すことだけをいうのではなくて、火を点けた煙草の先からゆらゆらと紫色の煙が立ち昇る様も含めた行為だからです。文字通り、紫煙をくゆらすのです。

しかし、この例は喫煙人口が劇的に減った今の時代にはそぐわないかもしれません。ぼく自身、煙草をやめてからずいぶんたつので、この感覚はすっかり忘れてしまいました。

ビールはどうでしょう。ぼくはビールを飲むときには透明のグラスに注がないとうまさが2割減します。泡のキメが細かくなるという陶器のビールグラスもあまり好きではありません。あの黄金色と純白の美しいコントラストを眺めながら飲みたいのです。

もちろん、村上春樹の小説のように冬の海辺でダッフルコートにくるまって缶ビールを飲むのもいいし、行ったことないですがカンクンのビーチでコロナビールをビンのまま飲むのもうまいと思います。人それぞれです。時と場所と状況によって、どんな風に飲もうがビールがうまいのにはかわりはありません。しかし、あのビジュアルがないと、なにかしら物足りないのです。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

サービス

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約