経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2014.09.30

日々雑記

いまの仕事をするようになった頃から、仕事や生活で気づいたことや、本や映画の印象深い言葉を、こまめにメモするようにしている。それをたまに読み返して、仕事のヒントにしたり、酒飲み話のネタにしたり。記憶力が悪いのは、手を動かしてカバーします。

当初は小さな紙切れをいつでも取り出せるようにしておいて、アっと思ったことをササっとメモするようにしていた。しかし、その紙がこどもたちが小さいときに遊んでいたおもちゃの壱億円札の裏だったりしたので、まとめて手帳に挟んでおいた札束をうっかり電車の中で落とした時にはちょっとはずかしい。だから、ここ一年くらいは手のひらサイズのちゃんとしたキャンパスノートに書きつけるようにしている。たとえば、こんなふうに。

8月1日
「割り切りとは魂の弱さである」(亀井勝一郎)、「精神が楽になることを求め割り切りに流されていくと、深く考えることができなくなり、答えのない問いを問う力、知性の力が衰えていくのである」(知性を磨く/田坂広志)

>ただただ反省。

8月5日
「要らないものを削っていくという方法は、ものごとの本質(エッセンス)を残すという戦略」(受験脳の作り方/池谷裕二)

>広報の仕事において、もっとも大事な考え方のひとつだ。

8月12日
映画「怒りの葡萄」(ジョン・フォード)より。ふるさとを追われた貧しい家族が西海岸に向う途中のニューメキシコのドライブインにて。老人が小さな孫二人を連れて店に入り、老婆に食べさせたいからと「パンを10セント分ゆずってほしい」と言うと、店の女が「食料品店じゃないからサンドイッチにしたら」と言う。それを聞いていた店の主人は「売ってやれ」と言うが、いじわるな女は「じゃあ15セント」と返す。主人が「いいから10セント分切ってやれ」と強く言うとしぶしぶパンを切る。レジの横にあるキャンディーを物欲しそうに観る幼い二人。老人が「キャンディーは1セント?」と聞くと、女もさすがにかわいそうだと思ったのか、「いいえ、2つで1セント」と答える。「では2ついただきます、ありがとう」と言って店を出る老人たち。喜ぶ子供たち。やり取りを見ていた別の客が「1つ5セントだろ」と言う。「そろそろ行こうか」ともう一人の客。一見粗野に見える若い男たちは、余分なお金を置いて店を出る。

>やさしい男になりたい。

8月20日
巷で出会ったへんてこりんな言葉遣い。セブンイレブンにて「おにぎり、あたためよかったですか?」、書店にて「ポイントカードのおつくりはよろしかったでしょうか?」、居酒屋にて「カウンターな感じでいいっすか?」

>みんな、いい大人が言っている。ついでに、若者言葉をうれしげに使う大人も下品だと思う。

8月22日
映画「七人の侍」(黒澤明)より。志村喬演ずる島田勘兵衛曰く。「攻むるより守るほうが難しいだでよ。人を守ってこそ自分も守れる。己のことばかり考えるやつは己をも滅ぼすやつだ」、「もう大丈夫、そう考える時が一番危ないときでな」、「ぬけがけの功名は手柄にならん。戦はひとりでするものではない」

>国や企業の幹部は、この映画を観ているのだろうか。

9月2日
「情報の質が人生の質を決めるのだ。情報をえらぶことが人生をえらぶことである」(独学のすすめ/加藤秀俊)

>40年も前に書かれたことだけど、今の時代にとても響く。

9月8日
「メーカーは技術者にマニュアルを書かしてはいけない。最も知る人は最も知らない人に訴える方法を知らない」(山本夏彦)

>広報の仕事もそうだ。最も知らない人に訴える方法を最も知るべきなのが広報だ。

9月15日
「形容詞はものの状態・性質をあらわす言葉であるため、使いすぎると文全体が静的な印象を強めることになる。作用や動きを示す動詞の方が全体を動的な感じにするはたらきを持っているのに対し、形容詞は反対の効果を持っているのである。とくに情意をあらわす形容詞が多くなると、主観的な内容になりがちで説得力も乏しくなる」(考える技術・書く技術/板坂元)

>華美な修飾語が多いプレスリリースがなぜ読む気を失せさせるのか、論理的に理解できる。

9月21日
テレビでアジア大会の競泳を観戦。「アジア40億人の頂点へ!」とアナウンサーが叫ぶ。

>とても違和感がある。

9月26日
「文化庁の国語世論調査で、「世間ずれ」や「まんじりともせず」などの慣用句が本来とは違う意味で使われていることが明らかになった。また、若い人ほど「場の空気」を読んでコミュニケーションを図っている実態も浮かび上がった」(朝日新聞朝刊)

>最近、個人的に気になるのは「さわり」の使い方だ。要点や核心部分という意味なんだけれど、最初の部分や少しだけという誤った意味で使っている場面によく出くわす。

9月27日
「~してくださる」という言葉遣いをする若い女性に好感を持つ。

>ひとり言。

9月28日
「ブルースはルーツ、他の音楽はフルーツ」(ウィリー・ディクソン)

>カッチョE♪

たとえこんなことでも、雨垂れ石を穿つ。日々雑記つづけます。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

サービス

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

ブログ

沈着冷静 先手必勝

経済誌のオンライン編集長がセミナーでお話しされるというので、八重洲まで出かける。今にも降り出しそうな9月某日。広報の仕事に携わる者は、メディア、報道への興味を決してなくしてはならぬ。氏には米系コンピューターメーカーで広報の仕事をしている時にお世話になった。 …続きを読む »

サービス

複眼のユーザー事例コンテンツ作成

ユーザー事例のコンテンツ作成を本格的に開始しました。当社の事例作成のプロセスと特徴は以下の通りです。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約