経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2014.05.29

ありがたき百戦錬磨の眼

先月、勉強のために参加したセミナーで、JR九州の豪華列車「ななつ星」と「東京オリンピック・パラリンピック」の組織委員会のそれぞれの広報活動の話を聞きました。特に印象に残ったエピソードを紹介します。

JR九州は、ななつ星関連の報道発表を、運行開始の2013年だけで30回行ったそうです。「何かしら取り上げてもらえそうなものはすべて出す」という方針で、記者会見やプレスリリースを積極的に実施したといいます。

ここで大事なのは「取り上げてもらえそうな」ということです。何でもかんでも手当たり次第に発信するということではなく、ちょっとしたことでも、足したり引いたり組み合わせたり分解したりして、ニュースの素材に育てたのだと推察します。「ちら見せ戦略と言われながら」も、ニュースの素材を細かく見つけ出し、価値を付け、発信し続けた、その貪欲さに頭が下がる思いでした。

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、良いニュースと悪いニュースについての話が印象的でした。悪いニュースが出てしまったときは、その対応に躍起になるのではなく、もっと良いニュースを出していくことに注力したといいます。

例えば、原発の汚染水のクライシスレベルが上昇しているというネガティブな情報が出ているときは、それはそれとして受け止め、ドーピング違反ゼロの日本選手といった別のアグレッシブな情報をどんどん発信する。良いニュースで悪いニュースを押し出してしまい、ポジティブなニュースの面を拡げていくことを第一に考えたそうです。悪いニュースが出たときは、その火消しのことばかり考えがちですが、そこは腹をくくって頭を切り替え、次の活動にすばやく移るということも必要だとあらためて感じました。

そして、両者に共通していたのが、当該分野を長く取材している記者との関係を大事にする、ということでした。東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会では、IOCを30年も追いかけているジャーナリストとのリレーションを深める努力をして、そのジャーナリストからの様々なフィードバックを次の戦略に生かしたそうです。JR九州は、ななつ星運行開始の一週間前に、電柱・設備の基準違反を発表することになったけれど、ずっと取材してくれていた記者からはきちんと発表したことが評価され、このくらいでよかった、と逆に励まされて次の行動の活力になったといいます。

その分野を長く取材しているジャーナリストの視点や知見は、経営機能としての広報にとって宝です。

わたしも先日、外資系企業の日本進出に関する広報活動の仕事をしていて、そのことを痛感しました。記者会見のあと、ベテランジャーナリストの方々が次々に感想や考えを述べてくれます。会見中の質疑応答でも的を射た質問によって、発表者側があまり重視していなかった市場の関心事を気づかせてくれます。これらは、次の広報活動に生かすなどという限定された範囲のことではなく、その企業や組織のビジネス活動そのものに有益な示唆を与えてくれます。

記事になれば効果はさらに高まります。もちろん、タイムリーなストレートニュースが、大手を含む多くの媒体で報道されることは大切です。しかし、業界を長く取材してきた歴戦のジャーナリストによる、独自の視点で深堀りした記事が掲載されることで、広報の成果にも厚みが増すことになるのではないでしょうか。

それが、ときには厳しい論調だとしても。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

サービス

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

ブログ

沈着冷静 先手必勝

経済誌のオンライン編集長がセミナーでお話しされるというので、八重洲まで出かける。今にも降り出しそうな9月某日。広報の仕事に携わる者は、メディア、報道への興味を決してなくしてはならぬ。氏には米系コンピューターメーカーで広報の仕事をしている時にお世話になった。 …続きを読む »

サービス

複眼のユーザー事例コンテンツ作成

ユーザー事例のコンテンツ作成を本格的に開始しました。当社の事例作成のプロセスと特徴は以下の通りです。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約