経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2013.01.18

クイックレスポンスと安請け合いはちがう

広報の仕事に求められるレスポンスには2種類あると考えている。そのことについては以前にも書いた。ひとつはスピード、もうひとつは感度である

スピードについては、広報の基本姿勢として第一優先に位置づけられている。クイックレスポンスである。メディアから企業や組織の広報への要望でも真っ先に語られる。これはメディアのリクエストにすばやく回答を出すことだけを指すのではない。回答できないなら回答できないとすばやく回答することも含む。メディアには締め切りがある。

感度というのは、テーマのとらえ方のセンスといってもよい。会社の状況と社会の時流をバランスして、たとえば取材テーマに対して何が提供できるのか、あるいはできないのか、判断する力である。この力を得るためには、自分のアンテナを常に社内外に伸ばし、高い性能を維持しておくことが必要だ。感度が欠けていると正しい判断ができなくなる。

こんなことを考えていたら、自分が失敗したときのことを思い出しました。

ずいぶん前のことだが、所属していた米国系IT企業で、それまでとっていた分社体制をふたたび統合することになったタイミングがあった。逆に日本企業は分社化まっさかりで、大企業が続々と機能ごとに複数の会社に分割されていった。当時、シリコンバレーの企業は、技術でも経営でも世界を引っ張っていて、日本でもお手本にする風潮があった。そのシリコンバレーの代表的な会社が、なぜ日本企業の分社化と逆の動きをしているのかということに、経済紙の記者が注目してくれたのだ。

担当記者とも(たぶん)良好な関係ができていたので、電話で取材依頼を受けて、「いいですね、わかりました、すぐ社長取材組みますよ」と即答し、その足ですぐ社長に話しに行った。外資系企業が日本の新聞に取り上げられるのはハードルが高く、新聞にいかに取り上げてもらうかが当時の命題になっていたので、絶好のチャンスと軽快に階段を駆け上がった。

ところが社長の反応は、「田中くん、その取材は受けないよ」であった。「ええっ!」 ふだんは「なんで新聞に記事が出てないんだ」とかなんとかいって広報を困らせているのに。

経営的に前向きな体制変更ではないというのが理由だった。詳しい内容は忘れてしまったけれど、広報としては説明次第で好意的な記事になると思っていたので、説得しようと粘った。業績が下降気味だからこそ、会社を取り巻く雰囲気を少しでも変えるチャンスであると。でも力およばずで、社長はついに首を縦に振らなかった。そして、記者にすぐ折り返し「申し訳ありません、その取材受けられなくなってしまいました」と泣く泣く電話した。

普段はどちらかというと落ち着いた雰囲気の記者が、電話口で憤怒の形相であった(わたしにはそれがはっきりと見えた)。予想以上に強い口調でとがめられた。経営面で大きく展開する企画を通していた。わたしとの信頼関係の中で判断してくれていたのだ(と思う)。

最初の電話から一時間くらいだったが、記者はそれぐらいのスピード感でやっている。そのスピード感にあわせて、クイックレスポンスばかりを重視していた。しかし、それと安請け合いとはちがう。スピードに感度が加わってはじめてレスポンシヴな対応ができる。

自分の情報不足と認識不足、甘い見通しで、記者の信頼を裏切ってしまった。

猛省しました。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

サービス

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

ブログ

沈着冷静 先手必勝

経済誌のオンライン編集長がセミナーでお話しされるというので、八重洲まで出かける。今にも降り出しそうな9月某日。広報の仕事に携わる者は、メディア、報道への興味を決してなくしてはならぬ。氏には米系コンピューターメーカーで広報の仕事をしている時にお世話になった。 …続きを読む »

サービス

複眼のユーザー事例コンテンツ作成

ユーザー事例のコンテンツ作成を本格的に開始しました。当社の事例作成のプロセスと特徴は以下の通りです。 …続きを読む »

お知らせ

宮城県広報研修会

宮城県行政庁舎(田中写す)

本日、宮城県庁で開催された「宮城県広報研修会」にて、メディアリレーションについての120分の講演を行いました。会場となった庁舎1Fのみやぎ広報室には、県市町村の広報業務に関係する担当職員の方々約100名が集まり、熱心に話を聞いていただきました。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約