経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2012.10.15

「これ以上は増やせないし、これ以上は削れないという地点」

ハルキストというわけではないが、村上春樹の本は高校生のころから読んでいる。最初に手にしたのは「1973年のピンボール」の文庫本だった。デビュー作の「風の歌を聴け」には、少なからず影響を受けた。ホットケーキのコカコーラがけは食べたことがないけれど、冬の海岸でダッフルコートにくるまって缶ビールを飲んだし、ギャル・イン・キャリコの入ったマイルス・デイビスのアルバムも聴いた。その後は、新刊が出るたびにだいたい読んでいる。

「1Q84」はこのあいだ文庫が出たのを機会にやっと手に取ったのだが、夏休みに乗った飛行機で読んでいたら、となりの席に座った美しい女性が「同じ本を読んでますね」と美しい声で話しかけてきたのにはびっくりした。となりに美しい女性が座ってカバーがかかった文庫本を開いたときに、実は自分も「同じ本を読んでいたらおもしろいな、いや同じ本を読んでいそうな気がする」と考えていたからだ。「こんなこともあるんですね、ははは」などと全く気が利かない返答をしながらも、ちょっと楽しい気分になった。そのあとバーに飲みにいって、そんでもって、みたいなことはなかったです。

そんな「1Q84」の序盤に、主人公の一人である天吾が、女子高生ふかえりが書いた小説の書き直しを依頼され、文章を推敲するシーンがある。これがしびれる。元の原稿の理解しづらい部分に説明を加えたり、言い足りない部分を書き足したりして文章量が増えたものをブラッシュアップするときのくだりだ。

『次におこなうのは、その膨らんだ原稿から「なくてもいいところ」を省く作業だ。余分な贅肉を片端からふるい落としていく。削る作業は付け加える作業よりはずっと簡単だ。その作業で文章量はおおよぞ七割まで減った。一種の頭脳ゲームだ。増やせるだけ増やすための時間帯が設定され、その次に削れるだけ削るための時間帯が設定される。そのような作業を交互に執拗に続けているうちに、振幅はだんだん小さくなり、文章量は自然に落ち着くべきところに落ち着く。これ以上は増やせないし、これ以上は削れないという地点に到達する。エゴが削り取られ、余分な修飾が振い落とされ、見え透いた論理が奥の部屋に引き下がる。』(村上春樹著「1Q84 BOOK1 前編」新潮文庫より)

わたしたちが日々取り組んでいるプレスリリースなどの広報資料の文章も、「これ以上は増やせないし、これ以上は削れないという地点」を目指して作成していくものである。

営業部門や製品部門などニュース素材のオーナーからの情報提供が「増やせるだけ増やすための時間帯」である。情報提供者は、自分たちの仕事の成果となれば、あれも言いたい、これも言いたい、となりがちだが、まずは背景説明や付随情報も含めて多くの情報を得てよい。そして「削れるだけ削るための時間帯」で、わたしたちは力を発揮する。この情報の価値に関係のないことは削除していく。そうすれば、会社の「エゴ」が前面に出たひとりよがりな宣伝文を作ってしまうことなく、記者・編集者に読んでもらえる文書に一歩でも近づける。

この削る作業こそが、広報担当者に求められる文章術である。プレスリリースなどの広報資料だけでなく、企画書や提案書の作成にも有効な技術だ。

ところで、話変わってついでに言うと、必要ないものはなくすという行為、もしくは本当にいるものだけを残すという行為は、国家レベルでいま求められているものである。国を運営する立場の方々におかれましては、自分や組織のエゴのために余分な修飾を積み重ねるのはやめて、見え透いた論理は奥の部屋にしまってカギをかけていただきたい。

ブルーハーツの古い歌を思い出しました。「いらないものが多すぎる~、いらないものが多すぎる~♪」 (「ザ・ブルーハーツ」収録 真島昌利作詞・作曲「爆弾が落っこちるとき」より)

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

お知らせ

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

ブログ

情報は循環してなんぼ

菓子メーカーのカルビーでは、「社内コミュニケーションで一貫したメッセージを醸成し、対外広報で発信し、それがまた社内に返ってくる」という情報の流れを常に意識して広報活動を行っているといいます。先日出席した宣伝会議主催の「アドタイデイズ」のセッションで聞きました。ともすれば外に向かって大声を出すことばかりに気を取られがちな企業の広報活動において、今一度立ち返ってみるべき基本姿勢だと思います。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約