経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2012.10.07

横濱の思ひ出

先週は横浜週間だった。火水金と3日、自主的な打ち合わせ、お客様とミーティング、そして金曜の夜はPR関係者との交流会で中華街を訪れる。今が旬の上海蟹で紹興酒を楽しんだ。

以前のエントリー「広報間コミュニケーションのススメ」でも書いたけれど、一部大手企業以外は広報は一人となりがちな現実において、横の交流は自分の仕事の質を高めるためにも有効だ

わたくしはIT企業での広報経験が長い分、ふだんの横のつながりもIT関連の企業広報や同業が自然と多くなるのだけれど、今回はテレビに強い人やコンシューマー畑の人などフリーPRマン中心に集まった。自分とは違うドメインを持つお歴々の話は興味深い。それに、みなさんPRマンらしく話し上手聞き上手な方ばかりで、仕事と遊びの境界線を巧みに行ったり来たりする話の連続に、気持ちのいい酒を飲んだ。ありがとさんでした。

ところで、横浜に行くと必ず思い出すよしなし事があり、ここのところ横浜に行くたびに思い出してしまい、話したくなったのでここに書いてしまいます。(まことに勝手ながら、広報の話はお休みさせていただきます)

大学も最終学年になり、モラトリアムの時代も終わろうとしている22年前、東京・三鷹に住んでいた。駅から南に2キロほどのところにある二階建てのアパートメントだった。太宰治が暮らした場所や墓にも近かったが、当時はそんなことにこれっぽっちも興味がないバカ田大学生だった。駅から2キロといえば、不動産の表示に関する公正競争規約で定められている毎分80メートルの速さで歩くと、25分かかる距離である。駅までの移動にはもっぱら自転車を利用していた。

ある夜、友人と痛飲して終電で三鷹まで帰ってきた。夏の初めだったと思う。駐輪場にいくと自転車がない。環八のオートテックの駐車場でクルマ誘導のアルバイトをして稼いだ金で買った、無印良品の白いチャリンコだ。今でもほとんどデザインを変えずに販売されている、ベーシックなやつである。

自転車の盗難は何度か経験があるが、その喪失感はとても大きい。

悪いことは重なるもので、当時同居していた実弟に自転車で迎えに来させて二人乗りで帰っていたら、おまわりさんにつかまった。しかし、自転車が盗られたことを切実に熱く訴えたら、交番で盗難届けを出したまえということになり、なんとなく二人乗りは不問となった。

それから暑い夏の間、駅までは歩いたりバスに乗ったりして自転車のない生活を送った。特に不便は感じなくなった。置かれた状況に知らぬ間に慣れ、そしてなじんでいく。ところが9月に入ったある日、おまわりさんから電話があった。わたくしの自転車が見つかったのだ。しかも横浜で。

おまわりさんによると、何回か乗り捨てられて最終窃盗者が横浜駅前で捕まったという。グーグルマップで調べてみると(もちろん今です)、三鷹駅から横浜駅までは最短でも31.7キロ、けっこうな距離を走ったものである。とにかく横浜まで行かなければならない。調書にサインをして自転車を返してもらうのだ。

さっそく、電車を乗り継いで現地に向かった。横浜駅前の交番で犯人の調書を熟読させられた。調布のどこかで乗り捨てられたマイバイシクルを盗んで横浜駅前で捕まったとある。出来心だったというような動機も書いてあった。自分も盗まれたときの状況をまた説明させられた。サインするだけかと思っていたが1時間以上はかかった。今もむかしも手続きの面倒な公共機関である。

やっと終わって、さあ自転車返しておくれと言ったら、ここにはない、保管場所まで取りに行けという。まだ手続きの続きがあった。場所は相鉄線で横浜から一駅、平沼橋というところにあるんだと。はいはい、どこでも行きます。

平沼橋の駅から保管場所まで歩き、数ヶ月ぶりに我がチャリンコと対面した。管理のおじさんが出してきてくれた。風雨に耐えながら酷使されたわりには小ぎれいな状態で保管されていた。必要書類に記入を終えたところで、おじさんが言った。「管理料を払ってね」 って、ここまでひっぱって、こんなオチで落としますか。たしか千円くらいだったけれど、自転車盗まれて横浜まで取りに来て管理料を払うとは。

でもまだオチはついていなかった。のん気に自転車にまたがって、はじめて気がついた。「ここから三鷹まで自転車こいで帰るってことですか?」「送るシステムはないんだよね、そのへんのコンビニから自分でやってね」「はい」 見知らぬ町であてもなく自転車をこぎ出す。文字通り右も左もわからない。このときの茫漠とした感覚は忘れない。

しばらくして首尾よく小さな商店に宅配便のマークをみつけた。店のおばさんにかくかくしかじかと事情を説明したら、送れるのは送れるけど車体が全部見えないように梱包されていなければ送れなくて、その専用の梱包材が1万円だという。なにそれ、そんなお金ない。

そんなこんなで二人で (すっかりおばさんとなかよくなっていた) 解決策を考えていたら、おばさんが「うちに一台自転車ほしかったのよ」と言い出した。途方に暮れていたわたくしは、「じゃあ、この自転車、お譲りしますよ」と即答していた。価格は梱包代と同額の1万円なり。銀行の口座番号と名前や電話番号を交換して商談成立。あっさり愛車を残し、行きと同じように電車を乗り継いで三鷹まで帰った。すでに夜になっていた。結局自転車は戻ってこなかったので徒労に終わったといえばそうなのだけれど、それよりも自転車が売れたことに対する、ある種の高揚感が勝り、意気揚々と駅からの長い道のりを歩いた。

後日、わたくしの銀行口座にはきちんと1万円が振り込まれていた。時はバブルの終末期。まだどこか鷹揚で、のどかな時代でありました。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

お知らせ

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

ブログ

情報は循環してなんぼ

菓子メーカーのカルビーでは、「社内コミュニケーションで一貫したメッセージを醸成し、対外広報で発信し、それがまた社内に返ってくる」という情報の流れを常に意識して広報活動を行っているといいます。先日出席した宣伝会議主催の「アドタイデイズ」のセッションで聞きました。ともすれば外に向かって大声を出すことばかりに気を取られがちな企業の広報活動において、今一度立ち返ってみるべき基本姿勢だと思います。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約