経営を強くする広報コンサルティング|株式会社プラスワン・コミュニケー ションズ

ブログ
2012.09.29

オフレコは封印しませんか

オフレコという言葉は、メディアや広報の仕事をしている人でなくてもよく知られている言葉である。一般にも「それオフレコね」などと秘密とか他言無用と同じ意味で使われる場合がある。

もともとは報道用語のオフ・ザ・レコード(off the record)の略で、日本新聞協会では「ニュースソース(取材源)側と取材記者側が相互に確認し、納得したうえで、外部に漏らさないことなど、一定の条件のもとに情報の提供を受ける取材方法」としている。

このオフレコについては、政治家や官僚の取材でたびたび問題となっている。昨年、当時の防衛省沖縄防衛局長のオフレコ懇談での発言を、琉球新報が記事にして騒ぎとなったことは記憶に新しい。賛否が渦巻いた。

それにしても、なんで取材される側は、オフレコの場になると言葉が粗暴になるのだろう。ざっくばらんに、胸襟を開いて、忌憚なく、ということを大きく勘違いされているのかしら。エライ人は、オフレコだからこそ丁寧に、と考える人じゃなきゃと思う。品の問題です。

オフレコ取材は閣僚や政府高官と新聞記者の間の信頼関係で成り立っているようで、それに関して今回はなにもいわないけれど、転じて企業の広報活動に関していえば、オフレコはないと考えるべきではないかと常々思っている。

それ自体は書いてもらっては困るが今テーマになっていることをより正確に正しく理解してもらうための欠くべからざる背景説明を、取材する側とされる側の深い信頼関係が成り立っているという条件のもとで、はじめてオフレコが通用する。あえていうなら、これが取材に答える側からみたオフレコの正しい解釈だろう。

しかし、一般的な企業の広報活動の中でそこまで必要なことはほとんどない。企業の取材現場で「オフレコね」といってしゃべり出す人は、たいていが「オレ(ワタシ)はこんなことも知ってんだよ」ということを誇示したいにすぎない。きちんと話せることだけで堂々と説明すればたいてい事足りる。

一方、しゃべったことに対して都合よく取り消そうとする例がある。日経ビジネス2012年9月3日号に掲載された『放射性物質「不検出」の闇』という記事では、取材中に発言した放射性物質の測定時間を「オフレコにしてもらえないか」と後から要求してきた食品会社とのやりとりが書かれている。消費者の健康や命に関わる重要なテーマだ。取材した後にオフレコにしてくれと言われても当然記者は断る。今度はその後、測定時間自体がまちがっていたので訂正したいといってきたという。

現場で不正確な情報を出してしまったから正しい情報に訂正しようとしているのか、正確な情報を出したが後から都合が悪いことに気づいて訂正しようとしているのか、は記事ではわからない。しかし、オフレコにしようとしたことで、記者に簡単には覆らない不信感がつのったことだろう。

しゃべったことはすべて記事になる可能性がある、という緊張感を持って、取材に対応することが肝要である。オフレコという概念は捨ててしまうのがよい。

前に書いた「リーク」もそうだけど、これらの隠語(とあえていってしまおう)は取材される側が(それも広報が率先して)訳知り顔で使ってるとろくなことにならない言葉だな、とあらためて思ったのでした。

*目黒広報研究所に投稿したブログを転載しています。

上に戻る↑

会社情報

広報・PR主導のコンテンツ駆動型コミュニケーション

わたしたちからのメッセージ

正確でわかりやすい情報を社会に発信することは、いまや企業の経営を強くする上で最優先に考えなくてはならないものとなりました。これは、民間企業だけでなく、組織の運営基盤という観点から大学をはじめとする教育機関や公共機関にもいえます。その一方で、メディアの多様化により情報発信の方法は手軽になりましたが、発信する情報の質がより一層問われる時代になったと感じます。

プラスワン・コミュニケーションズの特徴は、この発信する情報の中身(コミュニケーションコンテンツ)をお客様といっしょに徹底的に考え、訴求シナリオを作り、戦略的なコミュニケーション活動の具体的な施策を立案できることです。


…続きを読む »

お知らせ

広報誌のプロデュース

お客様のメッセージとお客様のお客様のメッセージを組み合わせて、できるだけニュートラルな内容で訴求する広報誌のプロデュースを行っています。 …続きを読む »

お知らせ

逢福

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

逢福:幸福にめぐりあうこと

お知らせ

夏の講義行脚のテーマ

ここ1ヵ月の間、名古屋、大阪、東京で企業や各種団体の広報担当者の方々に向けて、メディアリレーションズを中心とした広報のお話をしてきました。

広報の仕事のやり方は、十人十色、百人百様、千差万別。それに、扱うコンテンツや人間関係、タイミングなどで情報の出し方もアウトプットもいろんな形に変化します。 …続きを読む »

お知らせ

設立10周年を迎えました

当社は今月、設立10周年を迎えました。

それまでの企業広報の経験を生かしたサービスを提供してお客様のビジネスに役立ちたいと思い、2006年から会社を運営してきましたが、この10年で広報をはじめとする企業コミュニケーションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。 …続きを読む »

お知らせ

メディアリレーションズ実践講座で思うこと

3年ほど前に宣伝会議主催の講座で講師を担当することになった時、「メディアリレーションは広報の要」であることを柱として「広報の仕事は楽しい」ということを受講生の皆さんに伝えようと決めました。 …続きを読む »

ブログ

歳美

旧知のジャーナリストが毎年の習慣にしていると聞いて、元旦の朝刊を読み比べた。近所のコンビニエンスストアで買える全国紙、経済紙、ブロック紙の合計6紙を2日間かけてゆっくりと読む。 …続きを読む »

お知らせ

広報担当者養成講座@名古屋

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・名古屋教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

真善美

早坂暁原作・山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」(1988年・松竹)で「真善美」という言葉を知った。この映画は旧制松山高校(愛媛大学の前身)の寄宿舎を舞台に、寮生のバンカラな生活を描いた青春群像劇である。 …続きを読む »

お知らせ

講師のお仕事@猛暑日

本日は、メディアリレーションズ実践講座の講師で、東京・青山の宣伝会議本社に行ってきました。朝から暑さ全開と思っていたら、東京は今日で5日連続猛暑日。記録更新だそうです。明日からも暑さに負けず、熱い思いで仕事に取り組みたいと思います。

お知らせ

広報担当者養成講座@大阪

本日、宣伝会議主催の広報担当者養成講座・大阪教室におきまして、「報道対応」の講義を担当いたしました。 …続きを読む »

ブログ

「神は細部に宿る」

絵文字だけで書いたゼネラルモーターズ(GM)のプレスリリースが話題になった。こちらのGMのサイトで読める(いや、読めない)。 …続きを読む »

ブログ

広報に戦略は必要なのか

NHKドラマ「64(ロクヨン)」の放送が終わった。地方県警を舞台に起こった2つの誘拐事件を広報官の視点で描いた物語で、広報室のメンバーがメディアと組織のはざまで思い悩みながら行動していく。 …続きを読む »

ブログ

情報は循環してなんぼ

菓子メーカーのカルビーでは、「社内コミュニケーションで一貫したメッセージを醸成し、対外広報で発信し、それがまた社内に返ってくる」という情報の流れを常に意識して広報活動を行っているといいます。先日出席した宣伝会議主催の「アドタイデイズ」のセッションで聞きました。ともすれば外に向かって大声を出すことばかりに気を取られがちな企業の広報活動において、今一度立ち返ってみるべき基本姿勢だと思います。 …続きを読む »

上に戻る↑

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイト利用規約